授乳中のタバコとお酒

授乳中のお母さんが気をつけておきたいことはたくさんありますので、それらについて確認するのも子育ての準備においては大切なのではないでしょうか。 まず、授乳中に一番気になるのは喫煙で、喫煙のしていない方ならば問題ないのですが、喫煙している人は子供が生まれる前から気になっているはずです。

タバコにはニコチンが含まれていて、そのニコチンが母乳中に溶け出す可能性があります。

喫煙量にもよってくるので一概には影響の度合いを決めつけられませんが、万が一のことを考えて完全に絶ってしまうのが、母親としての備えではないでしょうか。

どうせなら父親にも協力してもらい、夫婦で禁煙をしてみるのもよいでしょう。 タバコについては受動喫煙という問題がありますので、日常からタバコの煙を吸いながら育つというのは子供にとって好ましいことではありません。

さらに、タバコと同じくらい気になるのがアルコールで、アルコールも母乳を介して赤ちゃんの体内に入り込む可能性がありますので、禁煙と禁酒は授乳前、授乳中の基本と考えておくべきです。

また、赤ちゃんと大人が受ける影響は、量が同じであったとしても赤ちゃんの方が圧倒的に多くの影響を受けてしまいますので、大人を基準に考えるのはあまりにもリスキーです。 現在授乳中、これから授乳する可能性がある、このような人はタバコやアルコールが赤ちゃんに与える影響について今一度考えてみてはいかがでしょうか。